JIGYOSHO事業所案内

トップ > 事業所案内 > おおぞら

おおぞら

 

つぶやきブログ

  • 2021.8.31

    オリンピック・パラリンピック

    オリンピック盛り上がりましたね!

    複数の利用者さんから、「オリンピックを応援したよ」という声をお聞きしました。

    そして今、パラリンピックが行われています。

    あゆみの家がある垂井町からも、車いすバスケの選手として活躍されている方がいます。

    垂井町の方ということで、より身近に感じ応援にも一層熱が入っています。

    がんばれニッポン!

     

     

     

     

  • 2021.7.28

    ワクチン接種ススム

    新型コロナワクチンの接種が始まりました。

    「ワクチン1回目打ったよ」という声も少しづつ聞くようになりました。

    それと合わせて「ワクチン打ったらカラオケできるかな。温泉に一緒に行けるかな?」と、

    今まで控えていた外出先に思いを馳せる利用者の言葉をお聞きするようになりました。

    皆さんずっと待っておられました。『やりたいこと』『やってみたいこと』が当たり前にできる世の中に戻るのを願っています。

     

     

     

     

     

     

  • 2021.6.29

    熱中症対策

    もうセミが鳴き始め、日中は30℃を超える日が増えてきました。

    だんだん夏が近づいているなと感じています。

    毎年この季節は、利用者、ヘルパーともに熱中症に気を付けるように発信しています。

    コロナ禍においてはマスクを着用の場面が多くなるため、利用者の様子には特に注意を払っています。こまめな水分補給、木陰などの涼しい場所での休憩をお誘いしながら支援を行っています。

     

     

     

     

     

     

  • 2021.5.27

    ムカデにご注意!

    今年は蒸し暑い日が多くなったかと思えば、早々に梅雨入りしました。

    この時期は『ムカデ』に注意!

    ある職員がムカデに噛まれる出来事がありました。

    刺すと聞くこともありますが、蜂とは違いムカデは噛むそうです。

    3cm程度の小さなムカデだったそうですが、噛まれた後に激痛が襲ってきたと聞きました。毒を持つ生き物に『小さい』『大きい』は関係なさそうです。

    浴室や台所、外出先の公園のベンチなど、ヘルパーとして利用者と関わる場所も要注意です。利用者に注意喚起をするとともに、手を伸ばすところに危険がないか、しっかり確認していきます。みなさんも、お気をつけ下さい。

     

     

     

     

     

     

一覧を見る

 

 

事業所の概要

 

事業種別 居宅介護・行動援護・重度訪問介護事業所
運営主体 社会福祉法人あゆみの家
住所 岐阜県不破郡垂井町栗原2066番地の2
電話番号 0584-22-4998(おおぞら直通)
0584-22-4333(あゆみの家代表)
FAX番号 0584-47-7580
メールアドレス oozora9804@ps.mirai.ne.jp
 支援の方針 利用者が地域において安心して日常生活を送ることを目指します。

 

おおぞらのパンフレットはこちらから

 

 

アクセスマップ

 

ヘルパーを募集しています!

あゆみの家では、障がいのある方々が住み慣れた地域で安心して豊かな生活を送ることができるお手伝いをするヘルパーを募集しています。

 

ヘルパーの仕事はどんなことをするのですか?


  • 利用者のご自宅で、入浴や食事の介助をします。
    利用者が安心して生活ができるお手伝いをするとともに、ご家族の介護負担軽減にも役立っています。
  • 利用者のご自宅で、調理や掃除を利用者と一緒に行います。
    「一人では難しいことがあるけれど、住み慣れた家での生活を続けていきたい」「一人暮らしにチャレンジしたい」という、利用者の気持ちに寄り添いながら、安心して生活できるお手伝いをしていきます。
  • 外出のお手伝いをします。
    「自分で着る服は自分で選びたい」「スポーツ観戦がしたい」「カラオケに行きたい」など、利用者一人ひとりが自分らしく豊かな生活を送るお手伝いをしていきます。

 

仕事する時間帯は自分で決めることができますか?


働ける時間を教えてください。月に数回でも構いません。

特に、平日夕方以降、土日祝日に勤務できる人を募集しています。

 


ヘルパーの仕事のやりがいはどんなところ?


  • 集団での支援ではないので、一人の利用者とゆっくり向き合えます。(Iヘルパー)
  • ライフステージを超えて支援ができます。子どもから大人へと成長する利用者さんを見ることができる魅力的な仕事です。(Aヘルパー)
  • 行きたいところに出かけるお手伝いをすることは、楽しい時間を共有すること。利用者の笑顔がたくさん見ることができる楽しい仕事です。(Tヘルパー)

 

おおぞらの特徴は何ですか?


「ヘルパーは一人で支援するのではなく、チームで支援をする」をモットーに、チームワークを大切にしています。

 

ヘルパーをするために必要な資格はありますか?


介護福祉士または介護職員初任者研修修了者(ヘルパー2級)をお持ちの方を募集しています。

 

お問い合わせはこちら