JIGYOSHO事業所案内

トップ > 事業所案内 > おおぞら

おおぞら

 

つぶやきブログ

  • 2021.2.4

    おおぞらからのお知らせ

    2月1日(月)より、おおぞらの『キャンセル料金の取り扱い』を見直しました。

     

    おおぞらでは、キャンセル料金(1時間以上前は200円、支援予定1時間以内の連絡は1,500円)を徴収しておりましたが、体調不良に限りキャンセル料金を徴収しないことにしました

     

    岐阜県では緊急事態宣言が3月7日(日)まで延長されました。

    安心しておおぞらのサービスを利用してもらうために、体調不良の方がいる場所で支援をする際は、

    より感染対策を強化していくこと、ヘルパーを固定していくことなどの対応をしていきます。

    利用者には事前に体調不良の連絡をお願いするとともに、感染対策のご協力をお願いしています。

  • 2021.1.12

    新年おめでとうございます

    新年おめとうございます。

    今年は空を舞う雪を見ながら新年を迎えることができました。

    寒くはありましたが雪かきが必要なほど降らなかったため、ありがたかったです。

    しかし、豪雪となった地域もあり雪への備えだけは怠れないなぁと感じました。

    皆さんはどんな年明けだったでしょうか?

    まだまだコロナウィルスも落ち着く様子がありません。

    コロナウィルス感染対策の言葉も聞き飽きたという方もおられるでしょうが、

    『マスクの着用・手指消毒・密を避けた外出』基本をしっかり守りつつ、スタッフ・利用者みんなで意識しあって、この状況に慣れて気が緩まないようにしていきたいと思っています。

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

  • 2020.12.8

    防災

       11月18日(水)あゆみの家で総合防災訓練が行われました。

    ヘルパーは、利用者さんと一緒に外出をしたりお宅に伺ってサービスを提供するため、外出先やご自宅で被災したときについても考えなくてはいけません。

    ご自宅へ調理に訪問している利用者さんに防災についてお尋ねすると、

    「通所先ではやっているけど、家にいたときのことはわからんな。やってみたい」

    とのお返事をいただき利用者さんも不安を感じておられたことがわかったため、やってみました。

     

    ご自宅での避難訓練の様子

     

    調理中に地震が発生!

    火を消して揺れが収まるのを待ちます。

     

     

     

     

     

     

     

    この日は、一番近くの出入り口から避難。

    『冷蔵庫が倒れて出入り口を塞いでしまったときは、

    どう避難しようか』ということも、一緒に考えました。

     

     

     

     

     

    結果

    別の出入り口を使うことも確認しました。

     

     

     

     

     

     

     

    利用者さんからは「避難するときは火を消すのを忘れなようにしないといけない」と今回の体験で気付かれたことを教えてくださいました。利用者さんだけでなく、ヘルパーも実際に大きな災害に直面すると平常心ではいられないかもしれません。今回の経験はヘルパーにとっても得難い物になりました。協力していただいた利用者さんには感謝しています。

     

     

  • 2020.11.6

    食事作りの風景

    Aさんの食事作りの風景をご紹介します。

    Aさんは自立のために料理の練習をされています。

    一人分の食材の量や使い切れなかった食材の保存方法をヘルパーと相談して行っています。

    この日は冷凍庫にあったシーフードミックスを使い切るために、海鮮焼きそばと卵のスープに決められました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    計量スプーンの使い方も様になっています。

    新しい味や食べたことがない料理への挑戦も大好きなAさんです。

    ヘルパーも作ったことがない料理に出会うかもしれません。

    それも楽しみに、Aさんの自立のお手伝いをしています。

    最後に、完成した『海鮮焼きそばと卵スープ』の写真をどうぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

一覧を見る

 

 

事業所の概要

 

事業種別 居宅介護・行動援護・重度訪問介護事業所
運営主体 社会福祉法人あゆみの家
住所 岐阜県不破郡垂井町栗原2066番地の2
電話番号 0584-22-4998(おおぞら直通)
0584-22-4333(あゆみの家代表)
FAX番号 0584-47-7580
メールアドレス ac9604er@ps.mirai.ne.jp
 支援の方針 利用者が地域において安心して日常生活を送ることを目指します。

 

おおぞらのパンフレットはこちらから

 

 

アクセスマップ

 

ヘルパーを募集しています!

あゆみの家では、障がいのある方々が住み慣れた地域で安心して豊かな生活を送ることができるお手伝いをするヘルパーを募集しています。

 

ヘルパーの仕事はどんなことをするのですか?


  • 利用者のご自宅で、入浴や食事の介助をします。
    利用者が安心して生活ができるお手伝いをするとともに、ご家族の介護負担軽減にも役立っています。
  • 利用者のご自宅で、調理や掃除を利用者と一緒に行います。
    「一人では難しいことがあるけれど、住み慣れた家での生活を続けていきたい」「一人暮らしにチャレンジしたい」という、利用者の気持ちに寄り添いながら、安心して生活できるお手伝いをしていきます。
  • 外出のお手伝いをします。
    「自分で着る服は自分で選びたい」「スポーツ観戦がしたい」「カラオケに行きたい」など、利用者一人ひとりが自分らしく豊かな生活を送るお手伝いをしていきます。

 

仕事する時間帯は自分で決めることができますか?


働ける時間を教えてください。月に数回でも構いません。

特に、平日夕方以降、土日祝日に勤務できる人を募集しています。

 


ヘルパーの仕事のやりがいはどんなところ?


  • 集団での支援ではないので、一人の利用者とゆっくり向き合えます。(Iヘルパー)
  • ライフステージを超えて支援ができます。子どもから大人へと成長する利用者さんを見ることができる魅力的な仕事です。(Aヘルパー)
  • 行きたいところに出かけるお手伝いをすることは、楽しい時間を共有すること。利用者の笑顔がたくさん見ることができる楽しい仕事です。(Tヘルパー)

 

おおぞらの特徴は何ですか?


「ヘルパーは一人で支援するのではなく、チームで支援をする」をモットーに、チームワークを大切にしています。

 

ヘルパーをするために必要な資格はありますか?


介護福祉士または介護職員初任者研修修了者(ヘルパー2級)をお持ちの方を募集しています。

 

お問い合わせはこちら