JIGYOSHO事業所案内

トップ > 事業所案内 > ぐっどらんど

ぐっどらんど

 

 

笑顔あふれる仲間と共に
働き学び自分を輝かせませんか!


ひとり一人が、自らの意思で意欲的に楽しく活動できるように支援します!

 

 2000年4月に知的障害者通所更生施設デイセンターあゆみの家最初の分場として大垣市内に開設され、クッキー作りや受注作業などの活動に取り組んでおり、開設以来1階ではクッキーの製造・販売を行っています。また、地域の中での活動という特徴を活かし、地域の方々との交流を深めていく取り組みを続けています。
 障害者自立支援法による事業移行により、2012年4月からはデイセンターあゆみの家から分かれ生活介護事業所に移行しています。 

 201810月より、国庫補助を受けて新しいぐっどらんどの建設工事が始まり、20193月に完成し、新しく大きく生まれ変わりました。定員は20名から39人に増員しました。

 

つぶやきブログ

  • 2021.9.27

    レトルト食品

     こんにちは、ぐっどらんどです。

     去る3日、ぐっどらんどでは昼食にいつものお弁当とは違う食事をしました。

     

     

     もともとは、3日に「ひまわり祭」というイベントを行う予定で準備を行っていました。しかし、コロナウイルスの影響は大きく、イベントの開催が困難となってしまいました。

     

    準備を一生懸命されていました

     

    飾り付けもして当日を待つばかりでした

     

     

     しかし、食事だけは楽しんでもらおうという事になりました。ただし作業グループごとに分かれてのいつもの食事と同じですので、特別な感じはあまりありませんが、感染予防の対策をしつつですので、止むを得ないですね。

     

     

     今回の食事はレトルト食品です。万が一イベントが食事も含めて中止になってもキャンセル面で大丈夫とか、丁度防災週間なので、非常食の体験的な意味合いとか、理由は付けられるのですが、これもまた楽しいのではないか、というのが一番の理由です。

     

     事前に、牛丼、親子丼、中華丼、カレーの4種類から食べたいメニューを選んでもらってあるので、引換券を渡して受け取ります。そして自分で丼に盛り付けます。ちなみにお米は「玄関開けたら2分でご飯」、スープもワンタンが入ったカップスープです。全てインスタント食品です。

     

    これが引き換え券です

    上手くいったよ!!

     

     

     早速、「いただきます」となりました。レトルトの袋を開けるのに手間取る方がいるかと思いきや、みなさんスムーズに開ける事が出来ています。食事としてみると、決して豪華という訳ではありませんが、目新しく感じる方もいらっしゃるようで、楽しく食べている様子がそこかしこで見られました。

     

    やっぱカレーでしょ

    親子もなかなか

     

     

     

     その後はいつものように作業をされましたが、最後のおやつの時間は、これもひまわり祭に向けて用意した、カップアイスを食べました。4種類の味のものを人数分用意しておいたのですが、これについては食事の様に事前に聞いておく事はせずに、その場で気に入った味を選んでもらうようにしました。場合によっては自分の食べたい味がもうないという事もありますが、買い物をすればそんな事も起こりうるというのも体験だと思います。

     

     祭自体は出来なかったのですが、楽しい食事はそれだけで一つのイベントになりますね。それではコロナが落ち着くまで気を引き締めていきましょう!

     

     

     

  • 2021.8.17

    お弁当テイクアウトをしました!!

    こんにちは、ぐっどらんどです。

     

    今回は、ホープグループにて行いました、お弁当テイクアウトのお話です。

     

    今は、夏真っ盛りということもあり、いつものお弁当とは異なり、冷たいうどんのお弁当を食べてみましょう、となりました。ただし、どんぶりもの(牛丼)もご飯ものを食べたい方の選択肢としてご用意します。

    あらかじめ、写真やイラストを用意し、食べたいメニューを選んで頂きました。

     

    お弁当屋さんをイメージしてディスプレイされています

     

     

     

    そして当日、職員がお弁当を店舗を回って購入します。このまま皆さんに渡して、「いただきます」とはせず、領収書を金券代わりにして、職員が店員となりグループ内で買い物の体験をしてもらいました。

     

    お釣りは忘れず受け取ります

    注文しといたやつ、ある?

     

     

     

    お弁当については、トッピングの天ぷらをつゆにしっとり浸して食べる方、天ぷらは一旦どけておき、サクサクの状態で食べる方と様々です。どちらの食べ方もとてもおいしそうでした。丼ものを食べた方の中にも、肉を通常より多い「肉だく」、玉ねぎが多い「ネギだく」を注文された方もいて、個性が出ていました。こちらについても「とてもおいしかった」とのことでした。

     

    うどんにつゆをかけてズズ~

    僕はやっぱりごはん物!

     

     

    そして午後、イベントとして、ウナギ釣りゲームを行いました。新聞紙やビニールひもをウナギに見立て、紙を棒状に巻いた竿で引っかけて釣り上げる、というゲームです。段ボールと青いビニールでいけすを作り、その中にたくさんのウナギ(とその他の魚も)を入れ、釣った本数を競って頂きます。

     

    さてゲームスタート

    皆さん上手に釣り上げていきます。ただ、「もう少しでバケツに」という所で逃がしてしまったり、一匹ずつ釣るルールなのですが、2匹も3匹も一緒に釣れてしまったりと、苦戦している人も。そういう時は周りで見ている人から声援や笑いが起こり、皆が一緒に楽しんでいる様子がありました。

     

    今夜は蒲焼だぁぁ

    ウナギ以外に何釣れる?

     

    ゲーム後には、成績発表をしました。その成績順に、好きなおやつを手にしてもらい、そのおやつを食べながら、「お弁当おいしかった」「釣り楽しかった」など楽しかった時間を皆で振り返りました。

  • 2021.7.5

    ぐっどらんどに笹が届きました!

    〈はじめての七夕かざり〉

    この日までに作業の合間などを利用して飾りを作ってきました。

    短冊に願い事を書く時には、じっくりと考える人、すぐに書き出す人、さまざまです。中には短冊の意味を考えようとしたり、「七夕って何かな?」「どんなことを書けばいいの?」など七夕自体の意味を考えようとして、書く事に戸惑いを感じる人もいました。その時には、七夕の写真やイラストを使って説明してみました。

     

    〈さあ、かざり作り〉

    折り紙にハサミを交互に入れていき、出来上がりをびろ~んと伸ばしてみた! 「天の川に見える?」

    どう、上手でしょ!

    とても立派な七夕飾りが出来ました

    その他、折り紙で作った輪っかや提灯など様々な飾りを作り笹に結び付けました。

    〈願いは何ですか?〉

    う~ん願い事?

    コロナ早く終わって欲しいな

    〇〇食べたいな

    〇〇行きたいな

    頑張りたいこと書こうかな

    顔はにやにや、ニコニコ何かを思いながら、それぞれが書きました。

     

    どこに付けようかな?

    願いが天に届きやすいように高いところにつけよう!

     

    ぐっどらんどのロビーに緑の竹が鮮やかに映え、竹ならではの良い香りがします。気持ちを和らげてくれます。

    ロビーでは、みんなが自分の短冊や飾りを見て、それぞれに会話が弾んでいます。

     

    「何を書いたの?」 「ひ・み・つ」

     

     

    みんなは何書いたんだろう? 見てみよう

    思い思いの願いを書かれています

  • 2021.5.24

    あじさい祭り!!

    みなさんこんにちは。

    18日、ぐっどらんどでは「あじさい祭り」を行いました

    これまでに、実行委員を立てて、たくさんの準備をしてきました。

     

     

    壁には大きなあじさいの絵を貼りました。折り紙をたくさん貼って、皆の手作りです。

     

     

     

    昼食は、いつものお弁当から少し雰囲気を変えて、パンとおかずです。

    自分好みのサンドウィッチを作って

    食べる事が出来ました。

    始めは少し戸惑いをみせながらも、

    職員の説明を聞くと楽しそうに

    自分でサンドして「おいしい」と声を上げる姿がありました。

    コロナ渦の為、全員で食べる事が出来なかったのが残念です。

     

     

     

    午後からはフォトフレーム作りで

    す。たくさんの飾りを机の上に用意し、一人一人カゴを用意して取りに来てもらいました。貝殻、松ぼっくり、キラキラした石やカッコいいシール。皆が目を輝

    かせて選んでいました。選び終わった人から順番にボンドでフレームに貼り付けていきます。職員が横で声を掛けますが、それよりもみんな製作に夢中!!

     

    出来上がると、「見て見て!」「出来たよ!」「かわいい?」と見て欲しい気持ちがいっぱいです。

     

     

     

    ゲーム大会では、牛乳パックをジェンガのようにして抜いていくゲームをしました。牛乳パックの中にはお菓子が入っています。倒れずに抜きやすそうなもの、中にしっかりお菓子が入っていそうなものを選んでいました。容赦なく勢いで取る人、倒れるのが怖いからゆっくり取る人、それぞれですが、見ている方もドキドキしながら楽しみました。

     

     

     

    写真立ては後日持ち帰り、おうちの方と楽しい話が出来たようです。

    コロナ禍のイベントで、全員が集まって楽しむ事が少なくなってしまっていますが、これからも、感染予防をしっかりして楽しい時間を過ごせたらと思います。普段とは違う取り組みが多く、どうしてよいのか分からず戸惑う姿も多くありましたが、分かりやすく伝えていく事で、一つの経験となって次に繋げられると良いですね。

     

    実行委員の皆さんお疲れ様でした。

一覧を見る

 

 

事業所の概要

事業所種別 生活介護事業所
定員 39名
運営主体 社会福祉法人あゆみの家
住所 岐阜県大垣市綾野5丁目47-2
電話番号 0584-92-2799
開設年月日 2000年4月1日

 

 

アクセスマップ

名阪近鉄バス・綾里小前下車

 

主な活動

クッキーなどのお菓子づくりとその販売(クッキー作業G)

 

■商品

チョコチップ・アーモンド・シュガー・ココアなどのクッキー約 15種類以上。その他、パウンドケーキ、シフォンケーキや季節限定商品(ゼリーやわらびもち)などもつくります。

 

■販売

お店での販売をはじめ、名神高速道路養老 SA の売店、各地域の行事やイベントでの販売、定期販売場所での販売等々おこなっています。利用者も参加します。

 

 

工場や会社から仕事の注文を受けて作業をおこなっています(工賃作業G)

 

■取引先

約9社


■仕事の種類

プラスチック製品のパッキンつけ、ハンガーの組み立て、各種ウレタンやゴム製品のカスとり、紙パッキンの袋づめなど。利用者の人も納品に参加します。

 

 

その他の活動

音楽活動

希望する利用者の方に月 2 回、音楽療法士 2 名を招いて綾里地区センターで歌や楽器演奏などの活動をしています。

 

地域とのふれあい

毎年、地元の幼保園の園児や小学校とのふれあい交流をおこなっています。その他、地区センターの夏祭り行事にも参加し地元とのふれあいを深めています。

 

 

日課と主な行事

日課

9:00 朝礼・作業
12:00 昼食・休けい
13:00 作業

15:00

 

終了

掃除・お茶

15:30 帰宅
  

行事

4月 創立記念式
5月 あゆみの家バザー
7月 レントゲン検診
8月 地区センター夏まつり
9月 日帰り旅行
10月 あゆみの家祭
12月 クリスマス会
2月 オープン活動

 

※行事はその年によって変わる場合があります

 

ぐっどらんどのパンフレットはこちら

お問い合わせはこちら