JIGYOSHO事業所案内

トップ > 事業所案内 > ぐっどらんど

ぐっどらんど

 

 

笑顔あふれる仲間と共に
働き学び自分を輝かせませんか!


ひとり一人が、自らの意思で意欲的に楽しく活動できるように支援します!

 

 2000年4月に知的障害者通所更生施設デイセンターあゆみの家最初の分場として大垣市内に開設され、クッキー作りや受注作業などの活動に取り組んでおり、開設以来1階ではクッキーの製造・販売を行っています。また、地域の中での活動という特徴を活かし、地域の方々との交流を深めていく取り組みを続けています。
 障害者自立支援法による事業移行により、2012年4月からはデイセンターあゆみの家から分かれ生活介護事業所に移行しています。 

 201810月より、国庫補助を受けて新しいぐっどらんどの建設工事が始まり、20193月に完成し、新しく大きく生まれ変わりました。定員は20名から39人に増員しました。

 

つぶやきブログ

  • 2022.10.7

    ぐっどらんどであゆみの家祭

     

     

    10月1日 ぐっどらんどであゆみに家祭を行いました。

    この日を迎えるために、利用者実行委員を中心に飾りやゲームで使う物の準備をしてきました。

     

    当日は朝から全員で会場のセッティングやかざりつけをおこない、始まりの時間を迎えました。

    実行委員の挨拶であゆみの家祭が《スタート!》

     

    デイセンターあゆみの家・林町デイセンター そして、ぐっどらんどの事業所発表の動画をみんなで見ました。

    ぐっどらんどの順番になり、利用者の皆さんの姿が映ると、『あっ!わたしだ!』『〇〇さんだ!』ととても楽しそうな声が聞こえてきました。

     

     

     

    お昼はお待ちかねの『模擬店!』

    あゆみの家祭と言えば『模擬店!』…  と、いうことで、みなさんとてもお昼ご飯を楽しみにされていました。

    おにぎり 焼きそば・・・いろいろなメニューを前にじっくり選ばれる人もいれば、あれも! これも!と食べたいものをたくさん手に取って席につかれる方もいました。

     

     

    午後からはゲーム大会!

    赤組・白組に分かれて玉入れ・魚釣り・ボール送り競争を行いました。

    どの競技でも『がんばれ!』という大きな声援の中、大盛り上がりのゲームとなりました。

    終わったころにはみなさん声を出しすぎて、『喉がかれちゃった~』『疲れちゃった~』とみなさんのやり切った表情をされていました。

     

     

     

     

     

    最後は〘丘の上のあゆみの家〙をみんなで歌い、終わりました。

     

    みなさんから口々に『たのしかった!!』という声が聞こえてきて、

    私たち職員もとても嬉しく思います。

     

    青空の下で、あゆみのみんなとあゆみの家祭が、楽しめる日が来ますように!

                                                                                            

  • 2022.6.1

    皆で販売にいきました!!

    こんにちは! ぐっどらんどです!

     

    5月24日に林町デイセンターに販売に行きました。久しぶりに全員での販売で皆さんワクワクされていました

     

     

     

     

    商品を入れるカゴを渡したり、お金の受け取りや袋詰めなど…

    皆さんそれぞれが役割を持ちながら、最後まで笑顔で販売できました

     

     

     

    林町デイセンターの利用者の方とも交流でき、楽しい時間となりました

    たくさん買って頂けたので利用者の皆さんのやりがいにも繋がったのではないかと思います

     

     

     

     

    ぜひお店にもお立ち寄りください~

  • 2022.5.20

    販売始動

     こんにちわ。ぐっどらんどです!!

     

     5月17日火曜日、平和堂大垣鶴見店にて、川並作業所さんと一緒に販売をさせていただきました。

     

     コロナ感染の影響で販売も自粛する事が多かったのですが、4月中旬から徐々にスーパーや役場などで販売を再開しています。

     ぐっどらんどのクッキーやわらび餅など食べたことのあるリピーターの方もみえて、多くの方に商品を買っていただく事が出来ました。

     

     販売に参加した利用者の方の、トレーを使ってのお金の受け渡しや、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と声を掛ける姿は一生懸命さが伝わってきました。

     販売を通して、自分たちの作った商品を買ってもらえる喜びを感じ、明日からまた食品製造を頑張っていこうという励みに繋がっています。

     

     皆さんに「おいしいね」と言ってもらえるようにこれからも頑張っておいしいお菓子を作っていきます。

     

     

    みなさ~ん、ぐっどらんどの販売を見かけたら、ぜひのぞいて下さいね

  • 2022.4.5

    1年お疲れ様!

    3月30日、1年お疲れ様!!

    という事で、ぐっどらんどでお疲れ様会を行いました。

     

    お昼ご飯は、今回は利用者からの意見が多かった「中華」!!

    エビチリに酢豚! おいしく頂きました。

     

     

     

    内容は、毎年恒例のビンゴゲームです。

    利用者実行委員の方の「はじめの言葉」からスタートしました。

    ゲームはすっかり慣れているので、スムーズにはじめる事が出来ました。

    今回の景品は事前に何が欲しいか意見を聞いていたので、いつもとは少し違う景品を準備していました。

    机の上に並んだ景品にみんなが目を輝かせていました。

     

     

     

    ゲームが始まると「リーチ!」「ダブルリーチ!!」と大きな声を出す仲間に焦る仲間や「ビンゴ!」と盛り上がる姿が続きました。

     

     

     

     

     

     

    その後、退職職員とのお別れ会を行いました。

    1人ずつ別れの言葉を職員に伝えていきました。

    職員も利用者も、最後のお別れをゆっくりをする事が出来ました。

    「ありがとう」と涙を流しながらも大きな声で話される姿に感動しました。

     

     

     

     

    最後はおやつタイムです。ロールケーキを頬張り、餞別に頂いたクッキーも食べてみんな大満足でした。

     

     

     

     

    来年度も元気に1年頑張りましょう!

一覧を見る

 

 

事業所の概要

事業所種別 生活介護事業所
定員 39名
運営主体 社会福祉法人あゆみの家
住所 岐阜県大垣市綾野5丁目47-2
電話番号 0584-92-2799
開設年月日 2000年4月1日

 

 

アクセスマップ

名阪近鉄バス・綾里小前下車

 

主な活動

クッキーなどのお菓子づくりとその販売(クッキー作業G)

 

■商品

チョコチップ・アーモンド・シュガー・ココアなどのクッキー約 15種類以上。その他、パウンドケーキ、シフォンケーキや季節限定商品(ゼリーやわらびもち)などもつくります。

 

■販売

お店での販売をはじめ、名神高速道路養老 SA の売店、各地域の行事やイベントでの販売、定期販売場所での販売等々おこなっています。利用者も参加します。

 

 

工場や会社から仕事の注文を受けて作業をおこなっています(工賃作業G)

 

■取引先

約9社


■仕事の種類

プラスチック製品のパッキンつけ、ハンガーの組み立て、各種ウレタンやゴム製品のカスとり、紙パッキンの袋づめなど。利用者の人も納品に参加します。

 

 

その他の活動

音楽活動

希望する利用者の方に月 2 回、音楽療法士 2 名を招いて綾里地区センターで歌や楽器演奏などの活動をしています。

 

地域とのふれあい

毎年、地元の幼保園の園児や小学校とのふれあい交流をおこなっています。その他、地区センターの夏祭り行事にも参加し地元とのふれあいを深めています。

 

 

日課と主な行事

日課

9:00 朝礼・作業
12:00 昼食・休けい
13:00 作業

15:00

 

終了

掃除・お茶

15:30 帰宅
  

行事

4月 創立記念式
5月 あゆみの家バザー
7月 レントゲン検診
8月 地区センター夏まつり
9月 日帰り旅行
10月 あゆみの家祭
12月 クリスマス会
2月 オープン活動

 

※行事はその年によって変わる場合があります

 

ぐっどらんどのパンフレットはこちら

お問い合わせはこちら