JIGYOSHO事業所案内

トップ > 事業所案内 > 西濃障がい者就業・生活支援センター

西濃障がい者就業・生活支援センター

専任のスタッフが相談を受け、安心して職業生活を

送れるようにサポートして行きます。


 

「はたらくこと」や「地域で生活する」ことについて、障がいのある方、家族、関係機関、事業主などからの相談に応じます。

障害者雇用のことについて、事業主の皆さんからのご相談にも応じます。

 

つぶやきブログ

  • 2021.3.9

    せ・い・の・う・ナ・カ・ポ・ツ

    こんにちは、西濃障がい者就業・生活支援センターです。

     

    新型コロナウイルス感染症の岐阜県の緊急事態宣言が2月いっぱいで解除されました。

    当センターが行った新型コロナウイルスに関するアンケートでは、皆さんの周りで起きている変化や様々な心配事等が回答として寄せられています。宣言は解除後も決められた予防対策をしっかり守って、そして心の健康にも気を付けたいですね。

     

    2月18日に当センター主催で「労働・教育・福祉との連携による障がい者雇用推進セミナー」がZOOMを使ったオンライン形式で行われ、OKBパートナーズ、西濃高等特別支援学校、西濃障がい者就業・生活支援センターから、実際に行われている支援や職場で望まれる支援について発表されました。

     

    今年度は様々なセミナーの開催や参加が制限される状況となってしまいましたが、今後もオンラインを活用するなどしてセンターの役割を果たしていきたいと思います。

     

    最後にセミナーで当センターが使ったスライドの一コマを紹介したいとおもいます。

     

     

     

     

     

     

  • 2021.1.12

    謹賀新年

    みなさん

    あけましておめでとうございます

     

    令和3年がスタートしましたね

    今年はいつもとちがったお正月をすごした人も多かったのではないでしょうか

     

    まだまだコロナの影響で大変なことも多いですが

    気持ちを新たにして明るい気持ちで今年も頑張っていきたいと思います

    どうぞよろしくお願いいたします

     

  • 2020.12.19

    「も・に・す」

    こんにちは、西濃障がい者就業・生活支援センターです。

     

    いよいよ本格的な寒さがやってきていますね。

    センターでも公用車を冬用タイヤに交換して雪に備えるなどしています。

    今年も残すところあと少しです。寒さに負けず健康に気をつけて頑張りましょう。

     

    さて、今日は「もにす認定」の話題です。

    「もにす認定」という言葉を始めて目にする人も多いかと思いますが、『共に進む(ともにすすむ)』という言葉が由来で、正式名称は「障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度」といい、障がい者の雇用状況やキャリア形成の取り組みを点数化し、基準を満たした中小事業者を厚生労働大臣が認定するものです。

     

    この制度は今年から始まったもので10月21日付で初めての認定が行われ、全国でも3社だけが認定された中に、ここ西濃地区大垣市にある株式会社OKBパートナーズ様がありました。

    受賞に関するニュースは新聞各社に取り上げられ、以前より連携して支援させていただいている当センターにとっても大変うれしい出来事となりました。

     

    【共に進む(ともにすすむ)という言葉に由来し、企業と障害者が共に明るい未来や社会に進んでいくことを期待し、名付けられたものです。】と厚生労働省のHPにあるような社会に少しでも貢献できるセンターでありたいと思います。

     

     

  • 2020.11.11

    交流会を開催しました

    こんにちは、西濃障がい者就業・生活支援センターです

     

    10月31日(土)と11月8日(日)に交流会を行いました

    この交流会はセンターに登録のある在職者同士が

    職場や生活上の悩みなどを話し合える機会として毎年開催しています

     

    今回の講演のテーマは「コロナウイルスの影響生活

    ウイルスの基礎知識や感染拡大、感染防止など

    参加された皆さんの体験や実感を話してもらい

    生活するうえで注意すべき点を共有する場となりました

     

    この交流会自体も新型コロナ感染対策に十分配慮した開催でしたので

    参加にあたっての体調管理の呼びかけや当日の検温・消毒など

    実際の例をより身近に感じてもらえたと思います

     

    今年は例年行われているお楽しみイベントはありませんでしたが

    昨年までと同じような交流会がおこなわれる日が早く来るといいですね

     

     

     

    コロナ対策 コロナ対策

     

     

     

     

     

     

一覧を見る

 

 

事業所の概要

事業所種別 障害者就業・生活支援センター事業
運営主体 社会福祉法人あゆみの家
住所 岐阜県不破郡垂井町栗原2066-2
電話番号 0584-22-5861

 

アクセスマップ

 

相談内容について

「はたらくこと」や「地域で生活する」ことについて、障がいのある方、家族、関係機関、事業主などからの相談に応じます。

 

例えば…

  • はたらきたい!一人では不安なので相談にのってほしい。
  • 福祉作業所から一般就労をめざしたい。
  • 就職をしたけれど、職場の中でうまくやっていけるかどかが心配。
  • 生活のことで悩みがある。
  • 障がい者の雇用制度のことを知りたい。

※その他、働くことに関することなら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

事業主の方へ

障害者雇用のことについて、事業主の皆さんからのご相談にも応じます。

  • 障害者雇用を考えたい。
  • 障がい者雇用制度について詳しく知りたい。
  • 在職中の障がいのある社員について相談したい。
  • 障がいの特性について詳しく教えてほしい。

 

西濃・就業・生活支援ネットワーク会議について

障害のある方の「はたらく」「地域でくらす」を応援させていただくために、情報交換、情報共有の場として定期的に顔の見えるネットワーク会議を開催しています。障がいのある方はもちろんのこと、就業・雇用に関心のあるかたは、どなたでも出席していただくことができます。

 

岐阜県:発達障がい者支援コンシェルジュ

あゆみの家では、「岐阜県:発達障がい者支援コンシェルジュ設置事業」を、実施主体である岐阜県より受託しましています。
この事業では、発達障がい者の支援を専門に担当するコンシェルジュが配置され、青年・成人期の相談者に対して、就労に重点を置いた支援を実施することにより、身近な地域における発達障がい者の相談支援体制を強化することを目的としています。

発達障がい者の支援を専門に担当するコンシェルジュは、西濃障がい者就業・生活支援センター に配置されています。

 

発達障がい者支援コンシェルジュ設置機関(岐阜県HP)

お問い合わせはこちら